【プロフィール】俳優・声優の「正しい」目指し方 ~そのタイトルに込めた想い〜

自己紹介(プロフィール)

高校時代、社員たちが嫌々働いてると感じるアルバイトを経験したことで、 同じように生活費のためにやりたくもない仕事をする自分を想像した時に絶望を感じ、

「自分はやりがいのある仕事で生きていきたい!」

という将来の強い想いを抱く。

そして高校卒業後、小学生の頃から憧れていた声優を目指して 専門学校に入学。卒業後は養成所にも入り3年間演技を学ぶも、所属試験には受からずフリーに。

その後、無所属のフリーとして活動していく中で演技のワークショップや演劇イベントに参加。

少しずつ演劇人との繋がりを増やしていく過程である劇団の座長と知り合い、1年後にシアタートラムの舞台に立たせてもらうことができて一つの目標を達成。

全てが思い通りにいかなくても、夢や目標をもって活動することの素晴らしさや、演劇に対するやりがいを身をもって体感しながら生きていくことができた。

しかしそんな充実感も束の間、すぐに萎みある疑問を抱くことに。それは 「果たしてこのまま活動を続ければ、お芝居の仕事だけで生活できる時はくるのか?」というもの。

結論としては、たとえ素晴らしい劇場の舞台に立つことができても、それだけで生活できるだけの収入を得られる可能性はゼロに近いと悟り、演劇界からは20代前半で身を退くことに。

生活費のためにやりたくもない仕事をするのを拒みこの世界に足を踏み入れた自分だったが、今度はやりたいことを仕事にしようとした結果、経済的な面で悩まされる事態となってしまう。

その後、自分磨きの一環で様々な分野の本を読んで勉強をしていく中で「ビジネス」に関することに特段の興味を持つ。

こんにちまで続く資本主義経済の構造やお金の循環について学んでいくにつれて、過去に自分が目指していた俳優・声優として本当の意味で生き残り自立するためには、

ビジネス」の勉強も必要だったことに気がつく。

黙っていられなくなった自分はこうしてサイトを立ち上げ、演技力を磨くだけではうまくいかなかった自分に圧倒的に欠けていたビジネス感覚とビジネススキルを身に付けるための情報発信を俳優・声優志望者向けに開始。

現在はこれまで自分が得た演劇に関する知識、経験を活かして俳優・声優志望者に対して本物の演技力が身に付く指導を行い「俳優個人、作品のクオリ ティ向上」のお手伝いをするとともに、

彼らが芸能界のみならず、人生そのものを自立して生きていくために必須の「ビジネススキルやマインドを根付かせる」教育も行っている。

 

どうも、浅川です。

上記の文章はトップページに掲載しているものです。これを軸にもっと詳しく自己紹介をしていこうと思います。

まずはこのたびはアクセスしていただきありがとうございます。

ここではなぜわたくし浅川がこのようなサイトを立ち上げたか?をお話しさせていただこうと思います。

 

高校時代に本気で声優になってやると決心した!

高校時代、わたくしは近所のスーパーでアルバイトをしていました。そこで感じたのが・・・、

「アルバイトだから続けられる、社員として働くのは勘弁・・・」

こうして初めて労働というものを経験して、うっすらでも自分の将来について考えてみました。

当然、自分もそう遠くない未来いずれは就職して生活費を稼いでいかなければいけないわけですが・・・、

たとえばこのスーパーで社員として働くことになったらというのを想像するとこのような拒絶反応が出てしまったわけです(実際に働いている人には申し訳ないですけど)

仕事内容が楽しいとは思えない単純作業の繰り返しだったとしても、嫌々働いているという気持ちが透けて見えてしまう人が多かったです。

殆どの仕事はアルバイトに任せて、社員は何をやっているの?と正直、思ってしまいました。

もちろん社員にしかできない仕事というのもたくさんあるのでしょうけど。実際、今日は泊まりかな、なんてぼやいている人もいました。

おかげでこっちも毎回、定時には帰れず高校生が働けるギリギリの夜10時まで働かされて、時間なんで帰りますと言ったら嫌な顔をされて、おまけに残業代は出ないという扱いでした。

この経験で何を思ったか?

自分はやりがいのある、楽しい仕事に就きたい!

世の中の常識として人は学生を卒業したら就職して定年と言われる60代まで働きます。

その期間、約40年間。

いや、今の流れを見ると最終的には70代まで働かなければいけない空気も感じますが。

とりあえず、そんな長い期間をあんな不機嫌そうな顔をしながら働かなきゃいけないのか?

それは誰だって嫌に決まっていますよね。

それで、少し焦ったわたくしは将来についてもっと真剣に考えないといけないと思い初めてその将来について悩み始めました。

それが高校2年生の時。

悩み始めたは良いが、そう簡単に自分がやりがいを感じる仕事など見つかるはずもありません。だから多くの人は妥協して適当な職に就くのかと思っていた時に世の中では、「従業員が長時間労働の末に入院」など労働問題に関するニュースが聞かれるようになりました。

倒れるまで働かされる・・・似たような空気は自分のバイト先でもなんとなく感じてました。休むことは許されないと。

ますます危機感を募らせたわたくしは、ここである過去を思い出してピンときました。

そういえば、小学生の頃に声優になりたいと思ったんだっけ

小学5年生のとき、たまたま連れて行ってもらったアニメのイベントで声優さんの生の演技を見てえらく感動したのです。

それで心の底から「自分も声優になりたい

この時、そう思ったものです。

・・・これだ、と思いました。

わたくしは決心します。声優こそやりがいのある仕事にふさわしいんじゃないかと。

両親にそのことを話すとびっくりしました。

「あんた、まだそんなこと考えていたの?」と。

説得に苦労すると思いきや、逆に小学5年生の頃から今まで、その夢をまだ抱いていたことに感心してしまったらしく、意外とすんなりOKを出してくれました。

ということで、ここからわたくしの挑戦がスタートします。

夢、目標を持って生きるのは素晴らしい!

思えば人生で初めて明確な夢、目標を持った瞬間でした。しかも将来がかかっていること。

やる気も並みのものではありません。

そこからの生活は大変、充実したものでした。

今からできる事はないか?と新聞の記事を声に出して滑舌練習をしたり、ストレッチをしたりと。

生きるってこんなに楽しいんだ

そう思えたのもまさに夢、目標に向かって突き進むことになったからです。

ただなんとなく生きているのではない、こうなりたいというビジョンがあって、そのために何が今できるか、そんな風に考えて生きている。

自分の意志で選んだ道を歩めばこんなにも人生は変わりました。やはり大事な自分の将来はなんとなく決めては駄目だと確信します。

そんな輝くような眼で高校卒業後に専門学校へ通い、演技の勉強に励みます。

高校生まではたまに面倒だとか正当な理由なく休むことがあった自分が授業を一度も休むことなくいきいきと通っていたので、そんな姿を見た両親も通わせてあげてよかったと思ってくれました。

やる気ある人のことは講師の方たちもちゃんと見てくれます。

そんな努力している姿が認められて、学校主催の公演を行う時もわたくしは主役やそれに近い役をもらい、卒業後の進路として第一希望にあげていた養成所にも学校推薦をもらうことができました。

着実にステップアップしている実感があり、順調かと思われましたが・・・。

見えてきてしまった現実・・・

演技を学ぶ上での苦労はもちろんありつつも、周りからの評価も上々であると感じていたわたくしはこのまま養成所を出たら、めでたく劇団や事務所に所属できるという自信があったのですが、結果はどこの所属試験にも受かりませんでした。

正直、受からなかった理由が思いつきませんでした。実力なら誰よりも磨いてきたと自負していましたし。

ここで一つ、痛感した現実として・・・。

この世界、実力さえ身につければどこかの事務所や劇団が必ず欲しがるわけではないというのが挙げられます。

劇団だったら裏方作業員が足りないからそれが得意な人が今は欲しい

事務所なら去年は女性しか取っていないから、今年は男性が欲しい

など、その時々の事情によっては「残念ながら今回はご縁がありませんでした」とそんな通知を突きつけられます。

実際、わたくしがどのような理由で落とされたのかは知る術はありませんが、この世界の実情というものをこの当時よりは理解した自分は、こちらではどうしようもない理由で落とされることは多分にあると知りました。

 

それでも立ち上がった自分は・・・。

これで終わりかと一度は沈みはしましたが、なんとか立ち上がります。

そんな心境で頭に思い浮かんだのが、養成所に在籍していた時に素晴らしいと感激した劇団の舞台。

その劇団のホームページをみた時に、定期的にワークショップを開いているという告知があったことを思い出した自分は次の拠り所を求めてそのワークショップの参加申し込みをしました。

これを機にわたくしは様々な年代、事務所、劇団に所属している俳優さんたちと繋がり、フリーになってしまった1年間はこのワークショップや演劇イベントに参加して、様々な出会いを通して刺激的な日々を過ごします。

この選択は結果的に正しく事務所や劇団に所属という最初の目標は達成できませんでしたが、これはこれでまさに自由で楽しかったと今でも思います。

ある劇団に所属できた同期が最初の一年間は必ず公演の裏方スタッフに付かないといけなく、演じることからは遠ざかっていると聞いていたので、フリーなら好きなことができるから別に悪くないと、あまり無所属というのは気にならなかったです。

こんな感じで前向きにやっていこうと切り替えられた時に舞い込んできた話がありました。

来年の舞台に出演しないか?

これを聞いた時に「やった!」と思いました。

こういうチャンスもあるんじゃないかと思って積極的に色んな集まりに参加した甲斐があったというものです。

この出演依頼の話が来た時には劇団や事務所に所属している人は許可がおりない、スケージュールが合わないかもしれないなどの理由で出演できない場合があり即決できない人も実は多かったのです。

その点、わたくしのような無所属であればそんな心配はする必要はないのでここでもフリーのメリットが生かされて、枠の奪い合いになることなくわたくしの出演が決まりました。

立つことになった劇場は三軒茶屋にあるシアタートラムという所です。

専門、養成所時代で使われた劇場とは比べものにならないくらい豪華な劇場で本当に立って良いの?と半ば信じられませんでした。

フリーになってもめげずに行動して、逆にフリーであるメリットを生かした、我ながら上手く立ち回ったと思いましたが・・・、

もう一つの現実に直面することに・・・。

それが出演俳優に「ギャラ」というものは支払われないというものでした。

しかもそのギャラが支払われないのはメインキャストを務めた劇団所属の俳優で、逆にわたくしのようにそれと比べれば負担の少ない客演の俳優には謝礼、チケットを売った枚数の合計金額の何割かは還元するという扱いをしてくれました。この現実に何を思ったかというと、

えっ、こんな素晴らしいお芝居をする人達なのに報酬がないの?

軽くお話をすると、どなたも何かしら仕事をやりながら俳優活動をしているということがわかる・・・。

俳優や声優というのは世間一般的には自身が演技をする、作品に出演することによって稼いでいるという認識だと思います。

その仕事をこなしたのに報酬がないなら、どうやって稼いでいけばいいんだ?と思いますよね。

俳優・声優志望者はいつかお芝居、芸能関係の仕事だけで生活していきたいと願ってこの世界を目指すはずです。

その目標を達成するにはどうしたら良いのか?

これも今だから承知していることですが演劇、芸能の世界で出演するだけで俳優にそれ相応の報酬が入る仕事などごく僅かしかありません。

舞台であれば、ほとんどは少ない資金をなんとかやり繰りして作っています。

それはつまり俳優の人件費は真っ先に削られる筆頭、それだけ立場が弱いのです。

根本的に報酬の良い仕事の数が少なすぎる。これがほとんどの俳優や声優が稼げない理由になります。

これは想像していた以上に難しいことだと血の気がひきました。自分が出演したいと思った劇団の舞台に立てたとしても、報酬が相応に貰える舞台ではなかったという事実には所属試験に落ちた時よりショックを受けたかもしれません。

まだ新人のわたくしがノーギャラで、メインキャストにはしっかりと報酬があるのなら希望が持てたのですが。

演劇というものはとてもやりがいのある分野です。そういう意味ではこれからも続けていきたいと思っていましたが、さすがに金銭的に得るものが何も無いとなると話は変わっていきます。

私達はいずれ親の援助が無くても、生活できるように自立しなければいけません。

その現実が何よりも重くのしかかり、ちょっとこれは今の感覚で活動を続けても理想の生活は手に入りそうにないと早くも頭を抱えてわたくしは静かに、少しずつこの演劇界と距離を置くようになってしまいました・・・。

こちらとしてはもう自分で出来る事はやりました。その結果が今、演劇界で注目されている劇団の作品に、シアタートラムという俳優なら誰もが憧れる劇場で出演するだと思います。

それでも得られたのは同期や先輩、後輩とお世話になった先生、友達からの嫉妬も混じっていた称賛の声だけ。

それだけでずっとやり続けるのは厳しいと、わたくしは20代前半でこの演劇界からは身を退く決断をしました。

わりと早い時期に断念したなと思うでしょうが、自分にできる努力を最大限しても、そこまで報われない世界に時間を費やすほどのモチベーションが無かったのでしょうね。

そういう意味ではわたくしは「芝居バカ」にはなれなかったみたいです。この世界には稼げる、稼げない関係なく単にお芝居が好きだからずっと続けている人もいますので。そんな金銭的な報酬を期待しているなら、さっさと出ていけと言われることでしょう。

高校時代に生活費のためにやりたくもない仕事をするくらいなら、やりたい仕事を見つけていけば良いじゃないかと単純に思ってこの世界に飛び込みましたが、今度はやりたい事ができている代わりに生活をするためのお金が入ってこないという事態になってしまい人生って難しいなって痛感しました。

頭を冷やして考えてみれば、芸能界といった誰もが一度は憧れる仕事で簡単に稼げてしまったらみんなそっちに行ってしまうので、それはそれで世の中のバランスが崩れます。

極一部の人しか稼げないというのはそういう意味でも当たり前なのです。

さて、これからどうしようか、と模索していた時に出会ったのが・・・

高校時代に思い描いたプランは崩れてしまいました。

そのかけた年月を数えると、しばらく立ち直れないような日々が続き、わたくしは魂が抜けてしまったように、またなんとなく過ごす日々を送ります。

しかしこの緩やかに時間が流れている感覚は久しぶりだなと、今まで手が付かなかった所に目がいくようになりました。

部屋の本棚を見て、買いはしたけど読んでいない本たちが視界に入り・・・。

演技の勉強に、本番に向けた稽古に励んでいた頃と比べるとゆったりと過ごせているこの時期を利用して今まで忙しくて、できなかった事に手を出してみることにしたのです。

読書をするようになったのは俳優・声優を志してからです。台本を読解する能力が求められる以上は重要な習慣となります。

他にも知らないことを勉強する楽しさを教えてくれたのも演劇でした。扱う台本によっては時代考察をしなければいけないこともあるので、必然的に歴史について調べることになります。また与えられた役の職業がいまいちピンとこないものだと、その仕事についても調べたりと。

この道を選んだことによって、色んなことに興味を持つようになっていた自分は純粋に気になった事があればどんどん調べるということに時間を費やすようになりました。

こんな流れで様々な本、小説や専門書を読み漁っていく過程で「経済」の分野について特段の興味を持ちます。

これがある種の運命的な巡り合わせでした。

高校時代と比べれば色んな知識が付いて、親からも頭良くなったねと言われる自分でもまだ全くといっていいほど無知だと気がついたのがこの分野でした。

そんな未開の分野と言うべき経済、金融、ビジネスについてより力を入れて調べてみることにしたのです。

この分野に関しては本を買わなくてもインターネット検索からなかなか有益な情報が手に入ると思ったわたくしは、どんどんブログ記事を読む、YouTubeを観てその未知の領域に触れて大いに刺激を受けました。

資本主義経済の構造、お金の流れ、こうして経済は回っているのかと感心したものです。

これらの知識に触れていくにつれてピンと来るものがあったのです。

経済・ビジネスの知識に触れて「これは!」と直感した

これって、俳優や声優にとっても必要な知識なんじゃないか・・・?

なぜなら、この世界は作品に出演したとしてもかけた時間・労力に見合う金銭的報酬は望めないと言いましたが、それはなぜなのか?

それを探るにはこのビジネス視点から見た方がより納得できると感じたのです

演劇の舞台上演を「ビジネス」と捉えた時に、いわゆる黒字に持っていくためにはこの舞台を上演するにあたって支払ったお金よりも、上演を行ったことによって入ってくるお金の方が多くなければいけません。

わたくしが出演したシアタートラムでの舞台はその収入がチケット料金からしかなかったのです。

それに対して支払わなければいけないお金は劇場使用料から始まり照明、音響、舞台監督など無料でやってくれることはまず有り得ないたくさんの専門スタッフがいます。

さらにはスポンサー、演劇風に言えばパトロンという存在もいないのです。この構図を浮かび上がらせることができた時に、一番人数が多い俳優に支払うお金なんてないかもしれないと苦い顔をしましたね。

アルバイトなどで、働けば決められた賃金が貰えるという認識が当たり前になっていましたが、じゃあそのお金はどこからやってくるのか?

それを学べば演劇の舞台は、とてもではないけど関わっている人全員にまともな報酬を与えることは不可能というのが納得できたのです。

こういった視点を持っていない人はわたくしも含めて、けっこう多い気がしました。これまで演技の勉強しかしてこなかったので当然といえば当然です。

しかし、趣味としてではなく仕事としてやっていくためにこの世界に踏み入れたのならどう考えてもこういう「ビジネス」視点というものは必須なのではないか?という気持ちがどんどん募っていきました。

現状はきっとこの世界を目指すなら演技の勉強をしようという認識しかないと思われます。わたくしのように偶然でもなければ多くの人は気がつかないままでしょう。

この「ビジネス」視点の必要性をもっと多くの人に知ってもらいたい!

当時のわたくしに圧倒的に欠けていたこの「ビジネス視点

これを持ち合わせていたらまた違ったアプローチができたのではないか?そう思ってしまうと体がうずうずしてしまい、一度は身を退いてもう関わることもないかもしれないとも思いましたが黙ってはいられなくなりました。

わたくしは、さらにおすすめされている本や教材を買ってこのビジネスについての知見を深めることにします。

そして、ここから得たものをインターネットを使って俳優・声優志望者向けに広める活動を始めようとしました。

勘は当たり勉強すればするほどやはりこの知識・スキルはこの俳優・声優業でも応用が可能だと軽く興奮します。

例えば多くの人が悩むのが、

作品の出演が決まってもチケットを買ってくれる人が少ない。

こんな悩みがあると思いますが、この悩みを言い表すなら「宣伝」といったところでしょうか?

この悩みを解決するにはどうしたら良いのか?と考えた時に単語から連想するにやはり「ビジネス」の分野になってくるのです。

このようにチケットを上手く売るためには何が必要か?

こんなことを教えてくれる所は専門学校?養成所?それともどこか個人でやっているワークショップ?

わたくしの知る限り、どこへ行っても具体的に教えてくれることはありませんでしたし、話題に上がることもなかったです。

それでもこの道を進む者ならいずれ必ずぶつかる悩みになるわけですが、こういう演技に関連すること以外の悩みは誰からも教わらずにやっていかないといけないのか?それはおかしい気がします。

俳優・声優の「正しい」目指し方

絶対に学ぶべき分野なのに、誰も教える人がいないなら自分がやるしかないとそんな使命感にも似た熱いものが湧いてきました。

わたくしは後輩など自分より演技経験の少ない人からアドバイスを求められることが何度かあったのですが回答した後には、

先輩に質問して良かったです!

と、何か掴んだような顔で感謝されたり、わたくしに演技を教えてくれた講師の方からも、

指導者としての眼も持っているかもしれない

と評価されたことがありました。

これらがきっかけで演技指導の道を考えていた時に、また新たに教えるべきことが見つかったので、それならかねてからやりたいと思っていた俳優・声優志望者に本物の演技力を身に付ける指導と共に「ビジネスマインド・スキル」の重要性を訴える活動をこれからしていこうと決めたのです。

演技と同時にこの「ビジネス」の勉強をするのが正しい目指し方だと。

演劇×ビジネスこの二つの分野を上手く融合させてこの厳しい芸能界で本当の意味で生き残り、自立した俳優・声優を育てる場所を作る。それによって演者個人、作品のクオリティ向上だけでなくそんな素晴らしい作品たちがそれを求めている人達にしっかりと届けることができるようになります。

「作り」そして「届ける」

ここまでを個人で、高いレベルで実行できる人が増えればこの演劇界も今までになかったプラスの変化が生まれるのではないかという明るい未来を想像しています。

今はご存知の通りインターネット発の有名人がいるように個人でもインターネット・SNSを上手く使うことができれば有名、人気者になれる、ビジネスが展開できてしまう時代です。

そんな時代を生きているのなら人々を魅了、楽しませるのが仕事の俳優・声優もそれに適応して、生かさない手はありません。

台本が無ければ一人では何もできないと言われている俳優・声優という立場の人達。

それらの人達がインターネットを駆使して自分の魅力、強みを発信し続ければ、いつか道は開かれる可能性はグンと上がり、運がなく優秀な人材が埋もれたままこの世界から去っていくことも減っていくことになるはずです。

今まではこの世界で成功できるかどうかは努力よりも運が良いかで決まるというものでしたが、それが個人の努力・やり方次第で決まるという方向へもっていくことができるのです。

それらの手助けをしてくれるのがこの「ビジネス」の知識、スキルというわけですね。

これはYouTuberという存在が台頭してからずっと芽が出ない俳優・声優たちも今の時代はインターネット・SNSを使ってアピールするべきだと思ってはいたのですが、具体的にどんなことを発信していけば良いのか?と考えた時に答えることができませんでした。

その数年前に抱いた疑問に答えることができる日が来るとは、やはりなんだか運命めいたものを感じます。

俳優・声優業、演じるということはただ単に楽しいというだけではなく、携わることによって様々な出会いがあり、その人達と共に短期間で濃密な時間を過ごして、素晴らしい作品を作り上げていく、そして終わればそのチームは解散して、また次の新しい場所へ・・・。

この経験は一つの職場に留まって働く仕事ではなかなかできるものではなく、旅人のように各地を回るのは人間としても大きく成長できるものです。

人生とは旅のようなもの

まさにそんな言葉を体現しているのがこの世界です。そんな厳しくも、素晴らしい側面が確かにあるこの世界で末長く活動できるようにわたくしがお手伝い致します。

もしも今のあなたが俳優・声優として絶対に成功したいと強い想いを抱いている、或いは今のまま活動を続けていても理想の生活が実現できる気配がないとお困りでしたら是非、わたくしが発信している情報に目を通してみてください。

ご質問、ご相談がありましたら個別でも承っていますのでどうぞお気軽にコメントやメールでのお問い合わせをお気軽にどうぞ。

あなただけが持っている魅力、強みを確かに届けるためにビジネスマインド・スキルを身に付けそれをもとにインターネットを使って発信していく。

それによって・・・、

「あなた自身からお金が生み出される」

そんな状態にやがて持っていくことができるようになり、経済的不安も解消させることだってできるのです。これが実現できれば遂に理想の生活、やりたい事だけに専念できる、目標に向かって突き進める人生を歩むことができます。

そんな人生はわたくしもあの時、経験した通り大変、充実していて、常に熱い炎が目に宿っているような人生でした。

自分の中に心の底からやりたいと思っていることがあるなら、それを多くの人へ届けるためのスキルを身に付けてあなた自身からお金が生み出されるようになれば、そんな輝かしい人生を生涯、送ることができるようになるのです。

ご質問、ご相談は下記よりお願いします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました